HOME > GISの活用

GISの活用

GIS(Geographic Information System)

GIS

調査機関に携わる方だけではなく、測量事務、地域振興活動、営業活動、防災活動、さらに建設などの現場においても今後さらに利用が見込まれるGISも取り扱っています。

GISとは

GISというのは、空間情報を扱い集約した情報を多角的に分析するシステムで、たとえば官公庁のホームページ上での危険箇所や防災拠点を公示したハザードマップなどの多くはGISを利用して作られています。
身近な場面ですと、たとえばタウン情報誌のグルメ情報などは、地区毎・ジャンル毎に分けられていたりしますが、それを取材し情報を集めて分類し追加・修正など、加工する作業での利用も増えています。
その反面、「GISを利用した空間情報の管理そのもの」はまだ表計算やホームページ閲覧ほど一般的とは言えませんが、すでに官公庁からの行政的な発注にもGISを利用する場面が多い現状からも無視できないのです。

GISを利用した業務などは弊社に是非お任せ下さい。

実際にGISでの作業は単調なデータ入力や属性付加などですが、多くはこれを大量にするといった作業が多く、大きな時間を取られるために、企業様も頭を抱えることが多いのではないでしょうか。
また、今はまだ扱われていない企業様も、これからGISを利用する事があるかも知れません。
是非とも弊社にご相談ください。

家屋調査・建物調査・CADデータ作成 株式会社データライン
株式会社 データライン

【本社】
〒701-0145
岡山県岡山市北区今保61
TEL:086-246-6112
FAX:086-242-6371

【海外営業所】
洛陽営業所